一般人も歯がキレイだと美しい

日本人の歯に対する美意識って、低いって言いますよね。
たしかに海外ドラマなんか観ていると、みんな歯並びも、歯の白さも日本人とは違うなって思います。
かく言う自分も、最近自分の歯の色が気になっています。
これといった原因が思い浮かばないので、これも加齢性の変化かなとは思っています。
タバコも吸わないし、ステイン等の着色汚れの原因となるワインやコーヒーも特に好んでは飲まないですし。
それでもなんとなく黄色くなってきている気がするのです。
そこまで美意識高い自分ではありませんが、歯の美容法について少し調べてみました。
まずは行きつけの歯科医院で着色汚れを取ってもらいました。
研磨ブラシのようなものをグルグルと歯に当ていて、終わった後は歯の表面がツルツルでした。
家の歯磨き粉は、研磨剤の少ないものにしています。
歯の表面のエナメル質を傷つけてしまう可能性があると知ったからです。
エナメル質がすり減ると、その下にある象牙質が透けて見えるために、歯が黄色く見えてしまうそうなのです。
それと歯の再石灰化を進めるために、カルシウムを意識的に摂るようにしています。
日本の水道水にはカルシウムを含むミネラル分が少ないので、硬度の高いミネラルウォーターを買ってます。
効果が見えるのはずいぶんと先だと思いますが、着実に進めていこうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする